カテゴリー別アーカイブ: Monologue

もうすぐ…

3月に入ってからは毎週末良い天気で、あれだけ多かった積雪も驚くほど短期間で少なくなってきました。ザブザブのザクレ雪のおかげで、春スキーや春コブを楽しむには絶好の3月です。

今日は春分の日だというのに、東京ではみぞれが降るほど寒くて、折角の休養日に東京で雪か?と恨めしく思いましたが、今期の当校の営業は3/30金曜日までなので、今週末が2018シーズン最後の土日ということになるんですね。
カレンダーを見て改めて、シーズン終盤になっていることに気づかされました。
今更ながら、石打丸山のハイシーズンの短さを実感せざるをえません…。

顔が痛い

この週末は、石打は今シーズン最高の好天に恵まれました。
私はなーんもスキンケアしないで滑ってたので、顔面ガビガビに焼けてしまいました。

普段はジュニアの生徒さんを担当することが多いんですが、土曜日は久しぶりに上級班の皆さんを担当。元々、低速系のレッスンを生徒さんに強いるのはあんまり好きではないので、今回は午前に左右のバランス、午後に前後のバランスをそれぞれ鍛えることをテーマにして、なるべく多く滑っていただく内容を目指しました。
午前中は上級班の生徒さんでも苦手な方が案外多い片足スキーの練習を中心に行い、天気良すぎてただでさえ暑いのに、冷や汗もいっぱいかいていただきました。小指側のエッジに乗ってターンできるようになると、ターン運動中のバランス感覚の左右の幅が大きく広がり、ちょっとくらい内足に乗ってしまっても全然怖くなくなります。上級者の方は是非とも習得していただきたいメニューです。

午後からは、ダウンタウン浜ちゃんにそっくりな某先輩が 乱入 ご入校され、こっちも冷や汗(^^;)
お客さまからのリクエストもあり、コブ斜面の導入編的な練習をおこないました。
上級班の皆さんは、整地の大回りだと大変上手な方がほとんどなのに、溝コブとかラインに沿って滑るような状況になると別人のように萎縮してしまう方が意外と多いです。胸を谷方向に向ける意識や、両膝を向ける方向を意識することが大切なのに、目から入ってくる情報(コブとかラインのえぐれとか)に惑わされて、そんな意識はどこかへ吹っ飛んでしまうようです。
1級に不整地種目があるから仕方なく練習するのではなくて、ラインを外れずに完走する楽しさや気持ち良さを味わえて「コブって楽しいね」って感じていただけるような練習をしたいですし、そのような練習をするにはザクザクの春雪はピッタリです。
永行さんにはいつも最後に滑っていただき、不整地の滑り方のお手本を演技していただいたので、生徒さんの皆さんも良い刺激を得られたのではないかと思います。

やっぱり雪山っていいですね

インフルエンザで2週お休みをいただき、3週間ぶりにイントラ生活を再開できました。
常連の生徒さんのお母さんやお父さんから「もう大丈夫ですか?」と多くのお声がけをいただいて、恐縮の極みであるのと同時に、自分の居場所を再認識できたような気がして、本当にありがたく感じました。
この週末は、土曜日の午後に水気の多い雪に濡らされましたが、夜に降った雪が日曜日に良いコンディションを生み出してくれて、グリーンゲレンデやパラダイスコースから上は極上の雪質を楽しむことができました。
見慣れた風景ではあるんですが、やっぱり雪山っていいですねぇ。

自己管理失敗

それも2年続けて。
久しぶりにインフルエンザ感染した去年は仕方がないと思えたけど、2年連続で感染するとなると話は別で、自分の不注意というか、自己管理できていないとしか言いようがなく、非常勤が一番いなきゃいけない週に病欠なんて最低です。
年末のシーズンインからまったく休養をとらずに、週末になると学校勤務してましたから、自業自得。
予防接種はしていたので、高熱が長く続くことはありませんでしたが、微熱や頭痛が収まらず、結局5日間は寝たきりでした。
私の場合、今年のインフルエンザは胃腸に来てしまい、ほとんど何も食べられなかったので体力を戻すのに時間がかかり、結局2週休むことに。
2週休みってことは3週間空くってことですから、1か月近く雪上から遠ざかることになり、失った時間の大きさを思い知らされます。
もう一度気を引き締めなおして、今週末からリスタートします。

あとふた月

ほぼ週刊BLOGと化してますが、皆様いかがお過ごしですか。
ラニーニャちゃんのおかげで、東京でもこんな寒い冬はちょっと記憶に無いくらい凍える日々が続いています。私の周辺でもインフルエンザ感染の話がちらちら聞こえ始めたと思ったら、校内にも一人感染者発生(^_^;)  来週末まで自宅謹慎ですね。そういえば私も昨年は2月初めにインフルエンザに感染し、苦い思いをしました。皆様もくれぐれも感染なさらぬよう、ご自愛の程を。

1月27日土曜日、石打丸山は終日猛吹雪状態で、あまりの強風と寒さにゲレンデも閑散としていましたが、翌28日日曜日は朝から青空が少し覗く曇り空で穏やかな天気になり、たくさんのお客様でゲレンデが賑わいました。私はジュニアの生徒さんと、久しぶりに片足スキーの練習をしたり、山頂から麓まで滑って滑走量を稼いだりして、良質な雪質を存分に楽しむことができました。

1月最終週の土日を最小限のスタッフ数でなんとか乗り切って、気がつけば石打丸山の2018シーズンは残り正味2ヶ月となりました。残り2ヶ月を長いと感じるか短いと感じかは人それぞれですが、例年より積雪が多そうで雪質も良さげな石打丸山の今シーズンを有意義に過ごしたいですね。

公式インスタグラム開設

Facebookでもお知らせしましたが、本日、公式インスタグラムを開設いたしました。
https://www.instagram.com/ishiuchimaruyama_sss
フォロー、よろしくお願いしますm(__)m

個人でインスタのアカウントは持っていましたが、見るの専門で、投稿したことはありません。
それは、私が根っからのパソコンの人だからです。PC世代と言い換えてもいいかな。
インスタグラムというと、30代以下の若い世代、特に女性の使用が圧倒的に多く、50代以上のいわゆるシニア層で使ってる人は少ないですね。
単純に、PC世代とスマホ世代の違いだと思います。
シニア層は、スマホの文字はちっこすぎて、打つの大変だし読むのも苦労します、はっきり言って。画像も細かいところは老眼ではっきり見えないんです、マジで。
だからPCやタブレットの使用になる。
インスタはPCでは基本的には投稿できないので、だったら使わなくてもいっか、となっちゃう。
逆に若い方々は、PC使わない人や持ってない人が普通だったりしますから、スマホそのものがデファクトスタンダード。
インスタって若い人たちの道具なんだなってことを痛感します。

というわけで、学校公式インスタの環境はとりあえず整えたので、あとは若手に任せるつもりです。どのような学校インスタになるのか、実は私もちょっと楽しみです。

あぁやっぱり

あぁやっぱり放置してしまった(>_<)
シーズンに入るとBLOG更新が疎かになってしまいますね……反省。
非常勤講師は、どちらかというと平日のほうが時間を拘束されるので、レッスンで撮った動画をYouTubeにアップして生徒さんの滑りを分析してコメント考えて…なーんてしてると数日なんてあっという間に経ってしまいます(泣)

なのでFacebook用の画像は、極力、週末のうちに掲載しておかないとアップするタイミングがズルズルずれて即時性が失われちゃうし、じゃあBLOGはいつ書くかというと平日で余裕があるときだけになっちゃいますね(^^ゞ

大勢に目を通していただきたいときはFacebookでも共有しますが、それ以外は関心のある方だけ見てくださればよいので(をい)、基本的にはFacebookではスルーします。あしからずご容赦ください。
ちょっと愚痴っぽくなっちゃいましたが、できることを粛々とやっていかなきゃ、ですね。

ドラぷら

私も今日で仕事納め。今夜、石打入りして明日からお正月まで学校に上がります。
ゲレンデの積雪量を心配せずに年末年始を過ごせるのも、なんだか久しぶりのような気がします。
私はクルマ移動なのですが、冬場は関越トンネルの群馬側と新潟側では天候が激変することが多いので、あちらの状況を確認してから出発するようにしています。
毎年、URLが変わったりページが作り変えられたりするので、来年も同じURLかわかりませんが、現在は、ここ『 ドラぷら 』を見ると、関越道の最新の状況を確認できます。
今日は暴風雪は一段落しているようですが、天気予報では雪マークが続いているので、道中気を付けて移動してください。

インフル予防とユースキン

また、インフルエンザが猛威を振るいつつあるようですね。
昨シーズン真っ只中の2月にまんまとインフルエンザに感染し、1週間自宅軟禁、2週に渡って学校を休んだド顰蹙モノの私。この冬は、早々に予防接種を受けました。
でも、予防接種ってインフルエンザ感染を予防できるわけじゃなくて、感染した場合の重症化を防ぐだけなんだそうで。(なのになんで「予防」接種なんだ?(-_-;))
飛沫感染や接触感染を防ぐために、外出時にはマスクを着用し、うがいと手洗いをしっかり行うしかなさそうですね。

通勤時に使わざるをえない混雑した電車は、冬場は「ウイルスの巣窟」にしか思えません。職場に着いたら、まず消毒液で手洗い。決して潔癖症なのではなく、寝込みたくない、ただそれだけの理由です。
冬場になると手洗いの回数が増え、また週末には頻繁にグローブを着けたり外したりするため、手荒れやあかぎれ、ささくれが酷くなってしまいます。親指の爪の端の皮膚が乾燥して割れてきたりして、サカムケア(水絆創膏)が手放せません。
仕事中に手や指がベタつくのが嫌で、普段はハンドクリームなんて使わないんですが、そんなわけで手荒れが酷いこの時期だけは「ユースキンA」命です。手が荒れてバサバサになっちゃったときは、ユースキンAを両手に塗りたくって、(タクシーの運転手さんがしているような)綿の薄い手袋をして就寝すると、翌朝にはほとんど綺麗に回復します。ユースキンAは、比較的短時間で効果が表れるので重宝しています。

ニベアじゃダメですよ。> 副隊長さん

Xmas

例年通り、静かにオープンした石打丸山です。
当校も22日午後にプレ開校、翌23日に正式に開校し、2018シーズンの営業が静かに始まりました。
「静かに」とは、お客様のご来場がまだ少なく、週末とは思えないほどゲレンデが空いているという意味です。

昨今、石打のシーズン初めには雪が少ないことは知れ渡ってしまっているので、オープン直後にお客様が大挙して訪れるということはなくなりました。
JR SKISKI2017-2018キャンペーンに採用された『私をスキーに連れてって』の冒頭はXmasスキーで始まっていて、夜、ロッジに大勢集まってXmasパーティーを楽しむシーンがあります。
30年前はあれが普通だったんですけど、今となってはXmasをスキー場で過ごすなんてイベントはとっくに廃れてしまったのかもしれません。
私はと言えば、開校準備や初滑りの準備に忙殺されて、レッスン中に撮った写真をFacebookにアップするので精一杯… (-_-;)
Xmasも正月も、非常勤イントラにとってはまるで関係無いシーズンが、今年もスタートしました。