カテゴリー別アーカイブ: Monologue

塩沢写真館

風評被害を撒き散らしているとしか思えないマスコミが言うところの『最強寒波』がやってきた先週末。慣れないメットをかぶって滑ったせいか、はたまた駐車場の雪堀りを頑張りすぎたせいか、日曜朝から頭痛に襲われ、レッスン中には吐き気も催してきてコリャだめだと断念し、午前のレッスンを終えて早々に下山してきました。

私が更新しないとFacebookは更新されませんので、日曜日のゲレンデ写真はございません m(__)m
お詫びにかえてというわけではありませんが、私自身、第二の故郷かな?と感じている石打丸山のふもと、塩沢の街の雪の風景をお届けします。

Are You Ready?

2017シーズンの冒頭を飾るのは、地方紙デビューのこの先輩しかいないようですね(^^;)
苗場で指導員研修会を受講し、準備は万端。
あとは、石打丸山スキー場のオープンを待つばかりです。
Are You Ready?
★Special Thanks 長谷部さん


キネシオテープ

シーズンインして間もなく、膝の裏側の靭帯を伸ばしてしまうアクシデントに見舞われ、かれこれ2週間、シクシク痛んでいました。本来なら動かないのが一番いいのですが、そうも言ってられず、雪上に立つときはサポーターでガッチリ固めてごまかしてました。でも日常生活で歩くだけでも痛むこともあり、同僚の原講師のアドバイスを受けて数日前からキネシオテープを試し始めました。

ヒトバシラー的に、Amazonで5cm幅と3.75cm幅の2種類のテープを購入してみました。
5cm幅は3M製。膝裏をサポートするには、5cm幅のほうが適切のようです。
この3Mのテープの性能は、かなりいい感じです。3日目に突入しても粘着力が持続して剥がれず、筋肉をサポートし続けてくれました。入浴してもタオルを押し付ければすぐに水分が取れて、濡れてる感は残りません。3日経ったので剥がしてみましたが、皮膚を痛めるほど粘着力が強いわけでもなく、綺麗に剥がせました。肝心の効能ですが、貼っただけで痛みが消えてくれたので、早く使い始めればよかったと後悔しているくらいです。
一方、トワテック製の3.75cm幅のテープは、3M製に比べると布テープ感が強くて、撥水性や粘着力が弱い感じがします。老舗のメーカーのようですが、ちょっと期待外れ。膝以外の部位に使用すべき幅なのかもしれません。

キネシオテープは、患部の筋肉を伸長させた状態で貼ると、筋肉が弛緩したときにテープが皮膚組織を持ち上げてリンパを通りやすくして自己治癒力を改善する、というしくみだったかと思います。
私のような何の専門知識も持たない者が適当にテープを買って、痛いところの筋肉に沿って超適当に貼っただけで、痛みが劇的に軽減したりすることがあって驚いてしまいます。
それだけに、テープ自体の基本性能がしっかりしていないと効果が期待できない可能性が高く、テープ代をケチるとかえって痛い目に遭っちゃうかもしれません。

DSC_0582

いいね

先日、「Blog更新してくださいよ」と石打プロスキースクール某先生に指摘されるまで、実は「Blogを書かなきゃ」って意識がどこかへすっ飛んじゃってました(^^ゞ
ホームページやFacebookページのメンテナンスだけで済んでいた昨年までと違って、今年は何かと忙しく、それはそれで充実してていいんだけど精神的にタフな場面も多くて、Blogのことは完璧に忘れてました。Blogなんてほんと暇人が書くものだな、と全世界のBloggerを敵に回すような感想しか思い浮かばない今日この頃、皆さんお元気ですか。
そもそも、「飲酒滑走禁止ですよ」等々の読んでもらいたい記事以外は、読んでもらわなくても一向に困らないのでFacebookから誘導する気もないし、記事でいいね!してくれたとしても、設定がめんどくさいので(をい)、実はFacebookとまったく連携させてません。以前は意地でも毎日記事をアップしていたこともありましたが、今はゆる~くやろうと決めたので、今後も気が向いたらBlog更新します(^^;)

そういえば、当校Websiteをリニューアルした直後、石打プロスキースクールさんもWebsiteが一新され、大変見やすくなりました。私のような素人ではなく完全にプロの方が作ってるなと一目でわかる作りで、Sourceを解析して参考にさせていただいております。石打丸山にお客様を呼び込むためには、いろいろな見え方&見せ方があったほうが良いと思いますので、良い刺激をいただいています。
ただ、Facebookページのいいね!の数は、良い記事や写真をアップすることで地道に積み重ねていくしかありません。石打丸山という狭い世界での小さな学校に過ぎないので、爆発的なアクセス数アップなんぞ望めません。だからこそ、クチコミとか評価ってものすごく大切で、期待や信頼を裏切らないよう日々邁進するしかありません。

「うちのスクールのFacebookにいいね!してくださいよー」と某先生に頼まれましたが、自分の学校のFacebookページにすらいいね!していないので丁重にお断りしました。自分の学校のことはいいね!と思ってますが、自分が管理しているFacebookページに、管理者自らいいね!しちゃったら管理者失格ですから。

Introduction

学校での肩書は「WEB管理者」ですが、具体的に何をしてるのかというと…
・ホームページ作成&維持管理
・公式Facebookページへの投稿と維持管理
・特別レッスンのWEB受付業務全般
・メールでのお問い合わせに対する回答
などなど。
要するに、Internet絡みの作業全般よろず屋です。
ただし、石打ではあくまでイントラが本職です(^^;

本業はシステムエンジニアですが、ホームページ作成などは実務で携わったことはなく、デザインの知識も皆無なので、当校のホームページ作成作業は完全に趣味の世界です。自分の経験値を高められて勉強にもなり、本業にあながち生かせなくもないので担当しています。

当然ですが、自分が投稿する画像も自分で撮影しなければなりません。数年前まではレッスン中もコンパクトデジカメを持ち歩いていたので、ウエアのポケットが膨らんでしまって大変でした。近年は、スマホの性能が劇的に向上して助かってます。昨シーズンはXperia Z3だけで済みました。

シーズン中、体が空くことは滅多にありません。自分が担当した生徒さんを撮らせていただくことはできても、他のスタッフのレッスン風景をなかなか撮ることができないのが、目下の最大の悩みです。

20150129_105551_07

復活

突然ですが、BLOGを再開してみることにしました。

以前、公式Facebookを本格稼働させた数年前まで、私以外のスタッフにも半ば強制的に記事を書かせて(^^ゞ、「あちこたねえすけ滑らっしゃい。」というタイトルで学校BLOGを設置していたことがあります。
最初は文章中心だったのが、徐々に画像を増やし、最終的には写真BLOGのような形態になったので、その役目をFacebookに移行させて現在に至っています。
ただ現実的には、実名制というFacebookの性格上、敷居が高いというか、Facebookに参加するのに抵抗があると感じられている方はいまだに少なくないようです。また、情報を公開する側としても、Facebookは速報性や利便性には優れているのですが、WEB上の絵日記という概念に近いですから、学校の公式Facebookに私感や他愛のないこと、マニアックなことなどをアップするのは大いに気が引ける部分があり、公式Facebookとしての限界を少し感じつつあります。
そこで、その隙間を埋めてくれるツールとしてBLOGを復活してみようかという試みです。

BLOGを書いていたときは、書き手の側からすると読み手の反応が見えなくてもどかしく感じることが多々ありました。でも、BLOGを閉鎖したあとで、「終わってしまったのは残念」とか「再開しないの?」というありがたいお言葉をいただいたことがあり、いつか機会があれば再開したいと密かに思っていました。今回は、そのお声に背中を押される思いでリスタートします。

前回、BLOGを運営していた時は、学校の日々の活動や生活を「何が何でも伝えなきゃならない」的な考えでやっていたので、他のスタッフにその熱意を伝えるのが下手だったこともあり、結局私がほとんど一人で運営していた独りよがりのBLOGになっていた反省があります。
今はFacebookがあるので、Part2は、無理せず気が向いたときに記事をアップできるようなゆる~いBLOGにしようかなと思っています。
Part1については、再公開するつもりはありません。公開しちゃったら、以前書いた記事を元ネタに再アップできなくなっちゃうし(をい)(^^;)

昔と違って、今はFacebook以外にもLINEというSNSが一般化し、メールなんかよりもLINEで長文の議論を活発にできる人が意外と多いことがわかってきました。たまには、そういう仲間にお願いして、記事を書いてもらうこともあるかもしれません。

昨シーズンに撮った画像で一番気に入っているものを添付して、復活の狼煙にしたいと思います。

20150221_090335_07